メンタルケア心理士

メンタルケア心理士

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。


【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。


【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。


【無料】資料請求はこちら

 

メンタルケア心理士は心理系の勉強をする上で必要です。
心理系の勉強をするうえでみなさんが必ず通る登竜門となっております。

 

ヒューマンアカデミーのたのまなのメンタルケア心理士講座は専任のアドバイザーが一から分かりやすく丁寧に教えてくれて、始めての方でも心理学を分かりやすく理解できると思います。

 

心理系の勉強をするには、たのまなのメンタルケア心理士の講座が非常にオススメです。

 

「メンタルヘルス」「ストレスマネジメント」は系統的に学ぶことが大切です。

 

ストレス社会と言われる厳しい環境の中、現代人はより多くの
ストレスを感じながら生活しています。
メンタルヘルスの重要性はますます高まるばかりです。

 

しかし、自己流の勉強をしても、あるいは難解な専門書を読んだりしても、メンタルヘルスについて系統的
にきちんと学ぶことはなかなか難しいものです。

 

本講座は「メンタルヘルス」に関する知識を身に付け、「ストレスマネジメント」の方法について
幅広く学ぶことが出来る画期的なものです。

 

偏見は無知から生まれます。「メンタルヘルス」や「ストレスマネジメント」は特別なものではありません。

 

本講座を通じて・「メンタルヘルス」や「ストレスマネジメント」の達人となり、皆さまの日々の生活が
豊かになってほしいです。

 

 

また、心理学を勉強をするうえでメンタルケア心理士の資格を取得することは、今後の心理系の生活に必ず役に立ちます。

 

メンタルケア心理士は特許庁登録商標資格であり、悩みを抱えている人の心の健康を保つための健康アドバイザーと言える人です。
メメンタルケア心理士の就職先によってメンタルケア心理士の名称も異なってきます。
まず就職先は学校内や企業内の相談室や児童相談所、精神科や心療内科などの医療機関、心理クリニック、医療福祉施設、教育相談所などがあります。色々な悩みや問題を抱えて社会的適応不全に悩んでいる人のメンタルケアをする医療機関などの就職をする場合、名称は心理カウンセラーとなります。メンタルケア心理士の中でも皆さんが最も聞いた事があるのはこの心理カウンセラーではないでしょうか?
次に教育機関や児童相談所などに就職をして、児童や生徒のカウンセリングをする場合、名称はスクールカウンセラーとなります。子供の悩みを聞いて解消するだけではなく、生徒の潜在的な問題などの解消をするのもスクールカウンセラーの役割となっています。
次に企業内相談室などに就職をして、従業員の対人関係や問題などの解消をする役割を持っている場合、産業カウンセラーとなります。相談者の精神的な悩みや会社における問題に取り組めるように耳を傾けるのが仕事内容となります。
就職先によって名称は変わってしまいますが、相談者の悩みや問題を解決するためのサポートをするのは変わりません

 

ヒューマンアカデミーの特徴について
ヒューマンアカデミーで教鞭を取る講師陣は、各分野の第一線で活躍中のプロフェッショナル揃い。心理カウンセラーやメンタルヘルスケア(精神衛生)の授業についても、十分なキャリアを積んできたメンタル分野のプロが、実例を加えながら分かりやすく重要な点を教えてくれます。

 

また、「仕事に活用できる実践力を身につけてもらいたい」「本当の実力をつけてもらいたい」という思いから、少人数制・クラス担任制にこだわっているのも特徴。

 

メンタルケア心理士の合格率について
合格率気になりますよね。協会発表よると約40%だとされています。受験する層としては20代〜30代の人に集中しており、中でも30代は全体の42%にあたります。このぐらいの時期は、仕事や私生活、家族など様々なことに悩む年齢でもあり、自身の悩みから心理学に興味を持つ人が多いようです。20代は29%と次に多く、40代で20%、50代で6%と下降していきます。
実際に試験を受けている人達を見てみると、

 

1位 医療従事者
2位 一般会社員
3位 パートやアルバイト
と続いています。医療従事者の場合、患者さんと接する機会が多いので心理学に興味を持つ人が多い傾向にあります。

 

中には看護師さんのようにキャリアップになる場合もあります。
会社員の場合、自身の経験や会社のストレスなどの相談に乗りたいなどと考えたことがきっかけとなる場合もあるようです。パートやアルバイトになると、主婦や家庭もちの人もいるので家庭環境の悩みなどから心理に興味を持つ場合があります。

 

講師は生徒の年齢・目的・レベルの差など1人1人の状況を考慮して授業を進めてくれるため、初心者でも安心して講義を受けることができます。

 

カリキュラム内容は、「分析」=過去〜「改善」=現在〜「応用」=未来に渡る、総合学習プログラムを組んでいるのが特徴です。特にNLP講座は、優れた心理療法の知識を「言語学」と「心理学」をもとにシステム化し、さまざまなシーンで誰でも活用できる実用的なスキルとして人気を集めています。

 

テクニックや理論だけを学ぶのではなく、実践・体験型の授業中心に“使うための心理学”として学べます

 

 

メンタルケア心理士の資格を活かすフィールドについて
メンタルケア心理士は、医療・福祉・教育・産業などの各分野で、心理関係の相談員として活躍することが多くなっています。特に産業分野では、労務の担当者が資格取得するケースも多く、企業に設置された相談室などでストレスを抱えた社員のストレスマネジメントにあたることもあります。
メンタルケア心理士は、ストレスを感じやすい現代社会において、自分自身や家族の心の健康を守ることもできる、有益な資格なのです。

 

メンタルケア心理士は社会にて優遇処置を受ける資格です。
多くの人がメンタルケア心理士と聞いてピンと来ないかもしれません。
なぜなら、あまり知られてないからです。
しかし、確実に現代の社会において必要な資格なのです。
また、社会には多くの人がストレスを感じており、そのストレスを取り除くメンタルケア心理士という資格は
必要不可欠なのです。

 

ヒューマンアカデミーのたのまなの講座なら、メンタルケア心理士になるために必要な勉強を最速、最短で教えてくれます。
また、豊富な実績を持つプロがあなたを協力にサポートします。

 

メンタルケア心理士の難易度について
メンタルケアカウンセラーの難易度についてです。メンタルケアカウンセラーの資格取得を目指している方にとっては、合格率の次に気になるポイントになってくることでしょう。ハッキリ言って、メンタルケアカウンセラーの難易度というのはそう高くはありません。というよりも、難易度としては低いといえるでしょう。
というのも、メンタルケアカウンセラーの資格というのは心理系の資格の中でも入門的な立ち位置にある資格になります。心理学を勉強したことのない方、初心者の方でもメンタルケアカウンセラーの資格取得を目指していくことができるのです。というよりも、そういった方のための資格だといってもいいでしょう。
メンタルケアカウンセラーの講座で勉強する内容というのは、カウンセリングや心理学の本当に基本的な部分です。それをさらに初心者の方でもわかるように、わかりやすくかみ砕いてありますので、これまで心理学に触れたことがないという方でもすんなりと受け入れることができるでしょう。レポート課題で問われることも勉強していれば確実にわかる内容になっています。

 

職場や学校で精神の勉強はなかなか教えてくれないかと思います。
だからこそ、自分自身で学ばなければならないのです。
人の心を救えるのはメンタルケア心理士です。
また、そのためにはヒューマンアカデミーのたのまなのメンタルケア心理士の講座が大きな近道であります。
メンタルケア心理士は現代社会現代社会においてなくてはならない資格です。
なぜ、メンタルケア心理士は現代において必要とされるのでしょうか?
それは、社会で多くの方が心が疲れているからです。
その疲れている方達を助けるためにもメンタルケア心理士の資格は大切なのです。
メンタルケア心理士で自分自身を成長させることは可能です。
近年では経済的な不安からかメンタルに不安を抱えている人が多いようです。
そのため、メンタルケア心理士の需要はどんどん高まってきています。
おそらく、人が真剣にメンタルケア心理士を学びたいと感じているからではないでしょうか?
メンタルケア心理士を学ぶのに一番最適な方法として、ヒューマンアカデミーのたのまなの講座がオススメです。
心理学を本気で学びたい方、大学で心理学を専攻すれば良かったと思われている方必見です。
このサイトでは心理学の中でも特に人気のあるメンタルケア心理士の講座に焦点を絞り紹介していきます。
今まで心理学というものに触れてこなかった方や心理学やカウンセリングに興味があるのだが、どうやって勉強していけば良いか。

また、メンタルケア心理士という資格はどのように勉強すれば合格できるのか等を紹介していきます。
心理カウンセラーの資格には数十種類あり「どれを取得したら良いのか?」「本当に信頼できるのか?」と
不安に感じる方も多いかもしれません。
中には怪しい団体もあるので、まずは資格の発行団体がどんなところであるのかを知る必要があります。
心理学の資格を大きく分けると 大学・大学院等で取得できる資格 学会認定の資格 非学会認定の資格の3種類に分ける事が出来ます。
時間に余裕のある方は、大学・大学院などで専門的に心理学を学ばれるのも一つの方法ですが、すでに就職している方、別の分野の大学に通われている方、様々な人生経験をして心理学を学びたいと思った方は、「学会認定の資格」「非学会認定の資格」を目指す事が可能です。
特に心理学「を通して人の役に立ちたいと考えている方には信頼性の高い「学会認定の資格」を習得することをオススメ致します。

 

○現代社会が求める心のケアを学び幅広い分野で社会貢献出来るカウンセラーへ
精神疾患の原因や精神障害を医学的に捉えることで、こころの専門家として相談・援助が出来る知識を養います。
心理学、カウンセリングの基本技法を身に付け、メンタルケア&コミュニケーションスキルを磨き、医療現場から企業まで幅広い分野で
社会貢献が出来る心理カウンセラーへ。

 

 

メンタルケア心理士」資格習得を目指し、現代社会に強く求められている心のケアを学ぶ注目の人気講座です。
多大なストレスを抱える現代社会において、心の問題は年々クローズアップされており、メンタルケアが重要となってきております。
また、職場でストレスを抱えている人が多いのも事実であります。
たのまなの「メンタルケア心理士」講座では、業界圧倒的シェアナンバーワンでメンタルケア心理士の合格者のほとんどが
ヒューマンアカデミーたのまなの「メンタルケア心理士」の講座を受講されています。
心の病気の治療は心療内科でしか行っていません。そんな中、医師と患者さんの架け橋となるべく、民間のカウンセラーの存在が、より重要度を増していっています。患者さんを中心に、治療は医師が、診療(メンタルケア)はカウンセラーが行います。心の健康を維持し、心理的な負担を軽減するための相談にのり、
幅広い知識に基づいた適切な援助を行える「メンタルケア」の専門家が、今求められております。

 

メンタルケア心理士講座」では、「メンタルケア」の専門家として活躍しているための知識とスキルの習得を目指します。
「心理学」に精通したプロが本気であなたをサポートします。
メンタルケア心理士講座」は、現代社会が抱えているさまざまな課題や問題を心理学的視点から幅広く学び、社会や地域で
広く活躍できる基本的専門知識を習得していきます。
「心」の病気は、「病気」なのです。
また、最近はうつになる方も多いですので、「メンタルケア心理士」が重宝されるのです。
ですから、心理学といっても、「心」だけの勉強をするのではなく、「身体」のこともしっかり学習する必要があります。
そのため本講座では、カウンセリング技法だけではなく、臨床心理として医学的見地からも正しい心理カウンセリングや心理療法も行えるような学習をしていきます。
本講座では心理学の勉強だけでなく、からだの仕組みについても勉強し、幅広い知識が勉強できます。
また、カウンセリング基本技法から、精神解剖生理学、精神医科学までを体系的に学び、幅広い分野で心理学の知識と技術を活かせる、心理カウンセラーを
養成します。
これらのメンタルケアを学び、幅広い知識・技術を身につけることにより、日常での基本的なメンタルケア自己コントロール、 家庭や職場でのコミュニケーションによる人間関係の向上、心理カウンセリングなど、医療の現場はもちろん、現代人が抱える"ストレス"を未然に防ぐことができるのです。
このサイトでは、メンタルケア心理士資格を取得できる講座をランキング形式で紹介します。初心者からスタートできる講座はもちろんのこと、目的や目標に合わせた講座が揃っています。
また全ての講座には、クライアントとカウンセラーのやり取りを学べる、カウンセリング実技実践の内容も含まれています。実際のカウンセリングを通し、カウンセリング基本技法や来談者中心療法などの視覚的な理解も可能にした講座内容です。

 

○あなたもメンタルケア心理士を目指そう!
メンタルケア心理士は、ストレスや精神的な悩みを抱える現代においては、重要な役割を持つ心に関する専門家と言えます。
このメンタルケア心理士の資格を取得するには、試験を受けて合格する必要があります。試験は少し変わっていて、自宅で受けられるというシステムです。
近年は、メンタルケア心理士に代表されるカウンセリングの重要性が広まっています。
福祉や医療の現場だけでなく、教育の場やいろいろな社会の場でも活躍している方が多い資格なのです。
これからメンタルケア心理士の資格を取ろうと思っている方へ、少しでも資格取得へのきっかけや道しるべになれば嬉しく思います。
誰でもメンタルケア心理士(R)になることはできますが、やはり適性はあります。
よく、「自分もつらい思いをしたからわかってあげられる」
と思っている人がいますが、それはもっとも向いていない人です。
自分の経験で誰かの力になれると思っている人は、体系的に勉強ができません。
メンタルケア心理士になるための学習内容を見てみればわかりますが、メンタルケア心理士として必要な知識には、カウンセリング技法の何倍もの医学的・解剖生理学的学習が含まれています。
つまり、メンタルケア心理士になるためには、心と身体、そして医療や看護の知識を広く併せ持つことが求められているのです。
なぜかというと、第一に、メンタルケア心理士として求められるカウンセリングは、医師や看護師、その他心理職などとの連携を想定しているから。
そして第二に、正しくカウンセリングを行うためには、広い視野が要求されるからです。
人間って、とても不思議なもので、自分の持っている枠の外のことには気付けないものです。
だから、自分の経験則で物を見ると、自分の経験外のことを見逃してしまう。

それでは、カウンセラー失格ですね。
合格後の研鑽の場として、「メンタルケア学術学会(LCM)」が設けられているのだけれど、こういう場で生涯勉強できない人にも向いていません。
単純に「資格が欲しい」なんて人には難しいですね。
性格的に向いているのは、やわらかい空気を持った、けれど感情に流されにくい人です。
クライアントが、安心感を持って、思ったことを話してくれること、これは大前提。
本当はいい人なんだけど、初対面だとどうにも怖いのよね……なんて言われてしまう人は、少し苦労するでしょうね。
また、クライアントから聞く言葉が、物事の全容であったり、中核であったりすることはあまり多くありません。
そこから全容や中核をクライアント自身がとらえられるように会話を進めていくのが仕事ですから、感受性が豊か過ぎる人も要注意です。
とはいえ、合格後も勉強を継続できるぞ、との意志さえあれば、性格はあまり問題ではありません。
自分の「枠」を地道に、客観的に、広げていける力が大切です。

 

○メンタルケア心理士は何を勉強するのか?
メンタルケア心理士の受験で何を勉強するか、それは調べればすぐに分かります。
大きく分けて二つ、「学科試験」と「文章作成」です。
学科試験は、記号を選択する回答方式が多いので、この点を意識した勉強が必要になります。
文章作成は、あるテーマが与えられ、そのテーマに沿って800字程度で文章を書くことが要求されますので、どんなテーマでもまとまった論述ができるよう訓練しておかなければなりません。
学科試験は回答方式が記号の選択であり、とても簡単な印象を受けますが、出題される内容は、カウンセリングの基礎知識をはじめ、精神医科学、精神解剖生理学など専門的かつ多岐にわたるものであり、普段の勉強でしっかりと専門知識を頭に入れておく必要があります。
この点は、過去問など出題傾向をとらえながら勉強しておくこと、また勉強するときは模擬試験をイメージしながら行うようにするといいでしょう。
普段の勉強でいかに実際の試験を想定できるか、そこが大きな鍵になるでしょう。

 

○メンタルケア心理士はどのように勉強するのか?
次に、メンタルケア心理士の試験勉強をどのように行うかを考えてみましょう。
ここでは大学を卒業していない人が資格を取得する場合を考えますが、この場合は必ずメンタルケア心理士の認定講座を受講しなければなりません。
この認定講座を受講する方法は二つあり、通学と通信があります。
通学はスクールに通って試験勉強を行う方法、通信は在宅で勉強を行うことです。
このどちらにするかという選択になりますが、おすすめしたいのは通信講座のほうです。

 

○特に、ヒューマンアカデミーたのまなの通信講座はとても有効です
ヒューマンアカデミーたのまなの講座は初心者ならだれでも簡単に始められます。
通信なら、周囲に煩わされることもなく自宅で自分のペースで試験勉強に集中できますし、通学するための時間も手間もかかりません。
加えてヒューマンアカデミー通信講座なら、講座内容の疑問点は電話やFAXで何度でも質問することが可能、受講後サポートも万全で、開業支援やその情報とアドバイスを受けることができます。
ついでに、通信講座とはいってもヒューマンアカデミーの場合はDVD講座も用意されており、映像を使ってリアルな学習ができるようにも工夫がなされています。
また、入門レベルから基礎レベルまで心理カウンセリングの資格に必要な知識を学習します。
本講座では「心」だけでなく、心理学はもちろんのこと身体構造を学ぶために一般的医学も学びます。
そして、心と体の関係性をしっかりと理解しながらメンタルケア心理士のための心理的援助の心理カウンセリング技法を学んでいきます。

 

○メンタルケア心理士を活かせる職場とは?
メンタルケア心理士の資格を取得したあとでの就職先にはどういったものがあるのでしょうか。
就職先として、学校や企業内の相談室、児童相談所、精神科や心療内科などの医療機関、心理クリニック、医療福祉施設、教育相談所などがあげられます。
いろいろな悩みがあり、その悩みや問題抱えると、社会的適応不全になってしまいます。
そんな社会的適応不全を解決に導いたり、未然に予防するのがメンタルケア心理士です。
ただし、職場によってその名称は異なります。教育機関や児童相談所であれば、スクールカウンセラーと呼ばれますし、企業の相談室では従業員の抱えている対人関係や仕事の悩みなどを解消してあげるので、産業カウンセラーと呼ばれます。就職先によって名称が異なってしまいますが、どの職場においても、相談者の悩みや問題を解決するためのサポートをするということには変わりはありません。
今、子供のいじめ問題や過重労働問題などが非常に問題となっています。
国も企業や教育機関に早急に対応するように求めています。そこで今後活躍が期待されるのが、このメンタルケア心理士の資格ということです。
とくに子供のいじめ問題は社会も注目しており、早急に解決しなくてはいけません。
そんな子供のメンタルケアを行うことで、子供の正常な成長のサポートもでき、また深刻ないじめによる自殺の予防にも役に立つことができます。
メンタルケア心理士の資格を取得することによってカウンセリング技法の基本的なことを学べるのはもちろん、精神的な悩みと体の関係について、しっかりと学べるため、どんな就職先でも、様々な相談者の悩みに対応することができます。
人の役に立ちたいという思いが強い方には特にこのメンタルケア心理士の資格を生かして働くことがおすすめです。

 

○正直、メンタルケア心理士のお給料ってどうなの?
メンタルケア心理士の資格を取得する際にとても気になるのが、就職したあとのお給料です。正直、メンタルケア心理士の資格を取得すると、お給料はどれくらいなのでしょうか。
メンタルケア心理士といっても医療や教育現場、企業のカウンセリングルームに勤務する場合、独立して開業する場合とでは、収入に大きな差があります。
一般的な相場としては、独立開業して働くとすると、自分のカウンセリングルームで1時間相談を受ける場合、5,000円前後が多いです。さらに顧問契約となると1時間あたり、月数万円〜数十万というお給料を得ることも可能です。
一方、独立はせずに、教育現場や医療福祉施設、企業のカウンセリングルームに働くとなると、時給制と専任嘱託職員、非常勤かでお給料は大きく変わってきます。ですが、日本人の死因として深刻な問題である自殺を予防しなくてはいけないことを考えると将来、必ず要求される資格です。
取得しておくことで、必ず将来の役にたち、持っておくことで、優遇されることもあるかと思います。

 

○メンタルケア心理士の資格を取得するには?
メンタルケア心理士の資格を取得するには、学会指定の教育期間において、メンタルケア心理士の講座の受講を、修了をする必要があります。講座を修了することで、メンタルケア心理士の試験を受けることができ、合格すれば晴れてメンタルケア心理士となれるわけです。
メンタルケア心理士の資格を取得するには学校などに通って講義を受けるケースと通信で自宅で勉強できるケースの2つがあります。
わざわざ学校に行かなくても仕事と両立できる通信を活用することによって、メンタルケア心理士の受験資格を得ることができます。
メンタルケア心理士の資格をもつことで、医療、福祉、教育、産業、公共サービス分野における相談援助および、心理カウンセリング、心理療法によるカウンセリング業務やコミュニケーション向上で求められる基礎能力があるということを証明できます。
将来、学校や児童相談所などのスクールカウンセラー、企業内での産業カウンセラーといった仕事をしたいと考えている方にはぜひ、取得しておいて欲しい資格だといえます。

 

○メンタルケア心理士の合格率
これからの社会に必要とされるメンタルケア心理士の資格ですが、合格率はどれくらいなのでしょうか。メンタルケア心理士の試験の合格率は毎年40%前後とされています。
在宅受験の資格としては低い合格率といえます。
この合格率が決して高くない理由は、その高い専門知識にあります。
メンタルケア心理士は精神疾患だけでなく、精神疾患と体との関係性についてしっかりと学びます。また精神疾患にはどういった病気があるのか、身体にでる症状にはどんなものがあるのか、精神疾患の治療にはどんな薬剤が使われるのかという普段の生活では学ぶことがない専門性の高い知識を学びます。医療の知識が問われるので、難易度の高い資格となっています。医療系の資格を取得していない一般的な方には聞きなれない言葉ばかりで、なかなか理解できない分野もたくさんあるようです。
そのため、メンタルケア心理士の試験合格率は決して高くありません。
ですが、難易度の高い資格ということはそれだけ、就職活動の際には魅力的な資格と言い換えることができます。
学校に通うのは難しいですが、メンタルケア心理士の資格は通信を活用することで、今の仕事をつづけながら取得することができます。
転職を考えているという人にも転職活動をする前にとっておいてもいい資格だといえるでしょう。

 

○メンタルケア心理士の資格をとるのにおすすめの通信講座
メンタルケア心理士の資格を取得するには、しっかりと精神疾患やその治療に使われる薬剤、身体の解剖学や生理学といった分野を勉強して、自分で理解する必要があります。
ですが、メンタルケア心理士の資格を得るためには、たくさんの分野を学ぶ必要があるので、覚えなくていけない量はかなりの量になります。
1つ1つの分野をしっかりと理解して、覚えていく必要があるので、難易度も在宅受験の中では高い方になります。逆にいえばそれだけ取得するのが容易ではないからこそ、就職活動においても魅力的な資格といえます。
そこで、メンタルケア心理士の試験に合格するには、いかにわかりやすい通信を活用して効率的に学ぶかが大切なポイントとなってきます。
覚えることがたくさんあるので、試験にでやすいポイントに絞って効率的に学んでいかないと、なかなか合格することができません。
ですので、わかりやすいテキスト、わかりやすい授業でないと、医療系の知識がない初心者がメンタルケア心理士の資格を取得するのは難しくなります。
メンタルケア心理士の資格を取得するための通信にはたくさんの種類があります。
どの通信を選べば、効率的に学べて、合格できるのでしょうか。
それは「たのまなヒューマンアカデミー」です。
一般的な通信のテキストでは、ただ解説してあるだけで、理解しづらいだけでなく、全てを学ぼうとして、効率が悪いものあります。
たのまなヒューマンアカデミーがおすすめの理由、それは「合格虎の巻」にあります。
この合格虎の巻にはメンタルケア心理士の合格により近づくため、傾向と対策を盛り込んであります。基本的なテキストを試験前に見直していれば、全ての分野を見直すとかなりの時間と労力がかかってしまいます。
ですが、たのまなヒューマンアカデミーのこの合格虎の巻は試験の傾向と対策のポイントがしっかりと絞ってあるので、学習の総まとめに活用できます。
また、たのまなヒューマンアカデミーのテキストの特徴として、オリジナル添削問題集があります。このオリジナル添削問題集は、レポート、補講問題、模擬試験、修了テストの全6回分で着実に知識を身につけていけます。
いきなり試験でぶっつけ本番だと、なかなか合格するのは難しいですが、分かりやすいテキストに加え、サポートもしっかりとしている問題集もあるので、たまのはなヒューマンアカデミーがメンタルケア心理士の試験にとても合格しやすいということです。

 

○メンタルケア心理士の特長
メンタルケア心理士の特徴はなんといっても、「精神解剖生理学」「精神医科学」といった医学・薬学・生理化学の知識を学べる点です。
基本的に、臨床心理士など一部の資格を除けば、心理系資格で医学系の知識が問われることはまずありません。日本心理学諸連合学会が認定している「心理学検定」などでも、問われるのは心理学の内容だけですし、産業カウンセラーも医学分野に関してはかなり弱いです。
実際問題としてクライエントに対処する場合、クライエントはすでにかかりつけの精神科医や産業医に担当されていることも少なくなく、向精神薬などを処方されていることもあります。そうした時に、カウンセラーが薬については知りませんでは大問題です。
メンタルケア心理士の資格は簡単に取得することは難しいですが、たのまなヒューマンアカデミーの通信なら効率的に学ぶことができます。
ぜひメンタルケア心理士の資格を取得したいなら、合格するために効率的な通信を選んで、合格し、その資格を活用して、人の役に立つ仕事をしましょう。

 

○メンタルケア心理士は人の役に立つ仕事
メンタルケア心理士の社会的役割は、社会において心の闇を抱えたすべての人、自分の困っている事をなかなか人に話せない方などに大変役に立ちます。

 

メンタルケア心理士って、社会的な役割を担う仕事
メンタルケア心理士は持っているだけで、社会的な役割を担う事が出来る資格です。
様々なストレスを感じている現代人の相談に乗り、多くの人を正しい道に導くことが出来ます。
心理カウンセラーとして直接的に関わっていない仕事でも、この人話しやすいなと感じることありますよね。特に日本人は自己主張するのが苦手な人が多く、また、内気な人も多いため溜め込んでしまう人が多いのです。だからこそ、メンタルの専門家としてメンタルケア心理士は社会的に貢献することが出来ます。

 

メンタルケア心理士の資格習得後、メンタルケア学術学会に所属することで、個人の希望の市区町村に教室やカウンセリングルームを立ち上げ、直接カウンセリングをすることも出来ます。
患者さんの中には病院に行くと職場にバレそうで怖いけど、誰か専門家に話を聞いてもらいたいと感じている人もいます。対人関係で悩んでいたり、家族関係で悩んでいるとわざわざ病院に行くほどでもないとそのままにしてしまう場合も。

 

○メンタルケア心理士が目指す場所とは?

 

メンタルケア心理士を取得後、さらなるメンタルケア心理専門士を目指しましょう。
カウンセリングを受けるということはそれだけ相手の人生に多大な影響を与えることになります。メンタルケア心理士に相談してくる方は実に様々な問題を持たれているため、非常に重要な役割を担っています。
心理的な分野としてもですが、日々のニュースを見て今はどんなことが起きているのか?
この問題はなぜ起きたのか興味を持ってみるようにしておきましょう。日々世の中は変わっています。心理カウンセラーとしての勉強だけだと足りない部分が出てきますので、心理カウンセラーとして多くの人から慕われる存在を目指しましょう。
メンタルケア心理士は社会的に非常にやりがいのある仕事です。資格を取る段階では漠然としていた心理カウンセラーのイメージも、実際に資格を取ってみるとこんな分野でも役割があるのかと驚くはずです。その役割を果たせるように日々学んでいきましょうね。

 

数え切れないほど多く存在するカウンセリングの手法

 

「心理カウンセリングの歴史と役割」でも触れましたが、心理カウンセリングは心理学と深くかかわっています。そして多くの心理学者が存在するということは、その手法も多いと言うことができるでしょう。ここではカウンセリングの代表的な3つの手法を紹介します。

 

来談者中心的療法(非指示的カウンセリング)

 

この療法はクライエントと話をしながら、その人の感情や思いを発してもらうもので、カウンセラーは発言を傾聴し、すべて受容、共感、肯定していきます。 これを続けていくうちにクライエントの緊張が解け、自らを受け入れ、理解することができるようになります。さらに自分自身についての新たな発見、気付きが生まれ、人格が再構築されることで、行動や気持ちに変化が起こると言われています。

 

非指示カウンセリングのデメリット

 

多く取り入れられている手法ではありますが、すべての人に有効ではありません。感情表現が苦手な人には不向きです。またカウンセリング終了までに時間がかかります。
欧米ではカウンセラーが事前に集めた情報や、カウンセリングで得たことから分析し、来談者に適切な指示や提案をする、指示的カウンセリングが主流です。この手法は短時間で効果が出ますが、その分、豊富な知識と技術が要されます。

 

精神分析的カウンセリング

 

この療法はフロイトの提唱した「精神分析理論」をもとに治療を行います。人の「無意識」な部分に注目し、自身が抱える過去のトラウマに気づき、受け入れることで、心を落ち着かせるものです。「トラウマを脳は忘れているけど、身体は覚えている」といった場合にとても効果があります。

 

精神分析的カウンセリングのデメリット

 

精神分析の理論は非常に複雑であり、その知識を習得するのも、カウンセリングに活用するのも大変な期間がかかります。 また治療が長期に渡るためクライエントの費用がかさむ、カウンセリングで見つけ出したトラウマが心の病気の原因であるかの判断が難しいなどの問題もあります。

 

<<フロイトの学説について詳しく知りたい人はこちら>>
行動主義的カウンセリング
この療法はクライエントが抱えている行動上の問題(良くない癖、恐怖症など)を改善するために行われます。行動理論は学習理論とも呼ばれ、不適切な行動をしてしまうのは、それを誤って学習してしまった結果と捉え、その上で適切な行動を学習させ、不適切な行動を抑えることを目的としています。 現在は行動療法だけでなく、クライエントの認知(考え方など)とも結び付けて治療を行う「認知行動療法」が人気で、研究も進められています。
行動主義的カウンセリングのデメリット
例えば恐怖症を克服するためには、クライエントがそれに慣れる必要があります。辛いことに直面しなければならず、また我慢しなければならず、それにはクライエントの努力が欠かせません。クライエントの負担はとても大きいと言えます。
ひとつに限定しない「折衷的カウンセリング」とは
3つのカウンセリングについて説明してきましたが、それぞれに特徴があり、デメリットもあります。 またクライエントひとりひとりの性格や考え方も違うため、ひとつの手法に限定せず、さまざまな理論や手法を組み合わせて治療していく折衷的カウンセリングが多く取り入れられています。
扱う範囲が広がる折衷的カウンセリングを行うにはさらなる知識、技術が必要です。また軸となる理論や手法を定めなければ、カウンセラー自身が混乱してしまい、良い治療ができなくなる恐れもあります。
まずは自分の考え方に近い理論や手法を学習することが、目指すカウンセラーへの近道と言えるでしょう。

 

メンタルケア心理士(R)のレベルアップについて
実は、メンタルケア心理士(R)には、「メンタルケア心理専門士(R)」なる上級資格があります。
メンタルケア心理士(R)の受験資格を得るのにもっとも近道なのは、医療福祉情報実務能力協会認定の教育機関でメンタルケア心理士講座を受講することです。
この受講時に、メンタルケア心理専門士(R)を同時に目指す講座もあるので、はじめからメンタルケア心理専門士(R)を目指すならば検討してみるといいでしょう。
ただし、メンタルケア心理専門士(R)の合格率は2割強と、なかなか難しい試験です。
メンタルケア心理士
ここでは、メンタルケア心理士の資格と仕事について詳しく解説しています。
メンタルケア心理士とは、専門的な「相談援助知識」をもって心の病を持ったクライアントをカウンセリングすることで、心の状態を改善させる仕事です。メンタルケア学術学会が認定する、心理カウンセラー系の資格のひとつとなります。
心と体には密接なつながりがあります。心の状態が深刻化すると、体の状態も悪化することがあります。そのためメンタルケア心理士は、心理学のみならず神経や脳、身体のあらゆる器官に関する知識を身に付け、かつ治療法や薬剤についての基礎知識も習得する必要があります。(治療や処方はできません)

 

メンタルケア心理士になるには?

 

メンタルケア心理士になるには、メンタルケア学術学会が主催する資格試験に合格する必要があります。以下のいずれかを満たせば受験資格が与えられます。
メンタルケア学術学会が指定した教育機関にて、所定の講座を履修済み
認定心理士の資格を取得している
産業カウンセラー初級の資格を取得している
4年制大学の心理系学科を卒業している

 

社会人として働きながらメンタルケア心理士の資格を取得する場合、指定した教育機関で講座を履修するほうが効率的でしょう。

講座の内容

 

メンタルケア心理士の講座では、現代社会に潜む様々な問題を、心理学的な側面から勉強していきます。同時に、心理学だけではなく神経や脳、器官など、医学的な知識も並行して勉強していきます。

 

また、知識だけではなく、具体的なカウンセリング技法や、医学的な観点からの心理療法も学ぶことによって、より実践的で即戦力となる人材を育成していきます。

 

講座の受講期間は約4カ月。添削課題もあるので一方通行の学習にはならず、各受講生に合った形で効率的な学習を進めていくことができます。
体験談について
医療機関に勤務しながら、メンタルケア心理士の資格を取得しました。現在の仕事は患者さんの心のサポートが中心になります。具体的には、日常的な心の管理や、病気や生活に対する不安の払しょくなどです。心の問題には突発性を伴うこともあるので、緊急出動が要請されることもあります。思うように休めなくても、患者さんのために自分ができることを精一杯やれるこの仕事に、大きなやりがいを感じています。

 

メンタルケア心理士の体験談・口コミ

 

 「心理学に興味があって、学校で学んでいたこともあり、メンタルケア心理士の資格を取得しました。今では学校で子供を中心にカウンセリングをしています。先生とは違う立ち位置から生徒と会話することに『面白 さ』と『難しさ』のどちらも感じていますが、先生やお母さん方から『ありがとう』の言葉を頂けた時は、大きなやりがいを感じます。この喜びを感じたいがために続けているといっても、過言ではないかもしれません。」

 

 「通信講座でメンタルケア心理士の資格をとりました。勉強内容は思ったよりも深く、臨床心理学だけでなく、臓器の働きや細胞についてまで学ぶ必要があり大変でした。今はまだアシスタントですが、いずれは独立したいです。」

 

メンタルケアの資格は使い勝手が抜群

 

バリスタなどの資格とは異なり、メンタルケアの資格はメンタルケアに関する職種だけではなく、日常生活でも役に立つ資格になります。

 

メンタルケアの資格について

 

メンタルケアの資格というと心理カウンセラーが思いつきやすいのではないでしょうか。しかし、心理カウンセラーは資格ではありません。自称でも心理カウンセラーを名乗ることが可能です。そのため、メンタルケアに関する資格がたくさん設立されてきました。メンタルケアの資格にはメンタルケアカウンセラーやメンタルケア心理士のような公的な機関から発行されているものや臨床心理士など民間から発行されているものがあります。

 

未経験でも始められるカウンセラーですが、資格を取っていた方が専門の知識がしっかりつき、消費者からも信頼が得られます。それでは、どのような資格があるのかについて紹介していきます。

公式の資格、メンタルケアカウンセラーとは

 

メンタルケア学術学会と一般財団法人生涯学習開発財団、一般財団法人ヘルスケア産業推進財団という3つの団体によって保証されている資格がメンタルケアカウンセラーです。ヘルスケア産業推進財団は、ヘルスケア産業を支える人材育成を促進して、国民の生活向上を目的としている団体です。
大学などが協会賛助会員指定校になっている場合はそちらの教育課程を修了することで、メンタルケアカウンセラーの称号が授与されます。教育課程の修了は大学の試験などで一定基準の知識に足していると評価がされて初めて修了します。この評価は試験形式ではなくレポートで行われます。

 

メンタルケアカウンセラーの上級版メンタルケア心理士とは
メンタルカウンセラーの上級版としてメンタルケア心理士があります。認定している団体はメンタルカウンセラーと同様で、入門レベルのメンタルカウンセラーとは異なり、初級レベルとなります、更に上級の資格としてメンタルケア心理専門士となります。これらの資格は能力があるということを示すものになっています。
資格を取るにはまずメンタルケア学術学会が運営している講座を受講する必要があります。試験形式は2018年度からCBT型に変更され、漢検などの検定試験や大学入学試験のように全国200の会場のテストセンターでコンピューターを利用して試験を実施されます。
メンタルケア心理士専門士認定試験の名称も2018年度にこころ検定と改称になりました。試験の名称を変わりましたが、こころ検定に合格することでメンタルケア心理士資格を得ることができます。試験は東京、大阪で年2回、福岡、愛知、宮城、北海道で1年に1回開催されます。試験に合格したら、こころ検定の合格証と以下の4点から1点の2点で登録を行うことができます。

 

メンタルケア心理士講座受講修了証
メンタル心理士の試験範囲は精神解剖生理学、精神医科学、カウンセリング基本技法の3つに分かれています。精神解剖生理学は人体の器官に関する基礎知識や薬の吸収についての基礎知識が主になっており、精神医科学では精神障害などについてになります。カウンセリング基本技法ではメンタル心理士に必要なカウンセリングの技法が試されます。言葉遣いや守秘義務が学習内容に入っているなど実践的な内容になっています。

 

資格取得のメリット
では、資格取得にはどのようなメリットがあるのでしょうか。例えば、大学院の学歴が必要となってくるカウンセリング関連の資格の中で最難関といわれている臨床心理士であれば、病院などで働く際に、その資格が必要になってくることはありますが、それ以外の資格であれば、カウンセリングの現場ではそれほど重要視されることはありません。むしろ、カウンセリング能力の方が重視されます。
それでは、資格を取らなくてもいいかというとそういうわけでもありません。資格を取ることで、カウンセリングに関する知識が身につきます。例えば、メンタルケア学術学会を始めとした3団体が運営している「こころ検定」では人体や精神の働きなどに加えて、実践的な知識が身につきます。
また、何らかの資格を保有していることで、働きやすさが異なってきます。例えば、同じコーヒーを煎れるにしてもバリスタの資格を持っている方が煎れるのとアルバイトのカフェ店員が煎れるのではそのコーヒーの価値も値段も異なってきます。決して、名前だけが必要という訳ではありませんが、いまだ民間に浸透しているとは言い難いのがカウンセリング業界です。カウンセリングを受ける患者さんに安心してもらうためにも公的な機関から出された資格があるといいかもしれません。
カウンセラーになりたいと思う方でなくても資格を取得するメリットはあります。産業の能率化が進む一方で、ストレス社会といわれるほど精神にかかる負担が増えています。そんな社会で生きていくために自分や他人のこころとどう向き合っていくのか理解するのもいいでしょう。実際に、子育て中の主婦の方や、営業職の方などがカウンセリングの知識を活かして子供と向き合ったり、仕事をスムーズに進めるようにしたりしています。

 

資格講座の選び方
カウンセラーの資格講座は通信から大学での講座までさまざまな種類があります。資格の認証団体もさまざまです。資格の取得に資格講座の受講が義務となっているものもあります。まずは、どのカウンセリングの資格を取りたいかを決めてから資格講座を選ぶようにするといいでしょう。
例えば、上で紹介してメンタルケアカウンセラーであれば、通信講座でも資格の取得は可能です。「キャリアカレッジジャパン」や「たのまな」などの民間の通信講座の他、聖徳大学や産業能率大学などの大学も資格が取れる通信講座を行っています。どこの通信講座を申し込んでもさほど変わりはありませんので、ご自身でこれだと思うものを選ぶといいでしょう。通信講座の価格相場は30,000円から50,000円、資格取得までにかかる期間は2カ月から4カ月となっています。
どの通信講座も料金がそれなりにかかります。1つに絞る前に、資料請求をして中身を比較してみるといいでしょう。また、資格講座を選ぶ際は必ず、「日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会」が公式の団体になるので、こちらの団体と提携している講座を選ぶようにしてください。

 

 メンタルケア心理士の受験資格について
メンタルケア心理士と上級心理カウンセラーの違いとは?ということですが、まずは受験資格が挙げられます。受験資格におけるハードルの高さというのは、その資格そのものの難易度にも関係してくるものです。それだけのものが求められると考えれば、ハードルの高い受験資格を設けているほうがより難しいと言えるかもしれません。
まず、メンタルケア心理士における受験資格についてです。メンタルケア心理士の受験資格は、メンタルケア学術学会指定教育機関においてメンタルケア心理士講座の受講修了をした者、認定心理士の資格保有している者、産業カウンセラー初級の資格を保有している者、文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科または心理隣接学部、学科卒業者となっています。
一方で、上級心理カウンセラーの受験資格は、一般財団法人日本能力開発推進協会指定の認定教育機関等が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者となっています。受験資格がすべてというわけではないものの、受験資格から見ていくと、やはりメンタルケア心理士のほうが難易度としては上といえるのかもしれません。
メンタルケア心理士と上級心理カウンセラーでは、求められる内容も違ってきます。まずは、メンタルケア心理士で求められる内容ですが、これは非常に幅広い傾向にあります。心理学の基本的なところから、精神障害や疾患、薬などの専門的な部分まで知識が求められることになります。もちろん、カウンセリング技法も一通り必要になってきます。
では、上級心理カウンセラーではどうでしょうか。上級心理カウンセラーでは、心理療法の基礎知識について、カウンセリング運営について、クライエント対応についてといった内容が求められることになります。非常にシンプルですし、そこまで深い専門的な知識というのは求められないでしょう。
将来的に心理カウンセラーとして働くのであれば、知識というのはいくらあっても足りないくらいです。そう考えると、上級心理カウンセラーの内容では少し物足りないかもしれません。長い目で見たときには、メンタルケア心理士で求められる内容のほうが役立ってくるのではないでしょうか。もちろん、その分、勉強していくのには時間もかかるかもしれませんが、それがやりがいにつながってくるのではないでしょうか
メンタルケア心理士(R)の合格率も、4割前後とそう高いとはいえないのだけれど、メンタルケア心理専門士(R)は本当に難関です。

 

メンタルケア心理専門士(R)以外にも、さらに取得しておくと良い資格はいくつかあります。
例えば、福祉業界で働きたいのならば、介護福祉士とか。
企業で働きたいのならば、産業カウンセラーとか。
児童にかかわりたいのならば、児童福祉司や社会福祉士、精神保健福祉士などを検討するのもいいですね。
別の資格取得を足がかりに、自分の働きたい分野の知識を広げるというのは、就職にも有利に働きますし、もちろんカウンセラーとしてもレベルアップにつながります。
また、メンタルケア心理士(R)は、メンタルケア学術学会へ正規会員として入会することができます。
メンタルケア学術学会では、学術学会が開催されたり、スキルアップや研究発表、情報交換などを行うことができるので、合格後の研鑽の場になります。
メンタルケア心理専門士(R)を目指す場合にも、ここで学ぶといいですね。
メンタルケアを極めたいと思うのならば、メンタルケア心理専門士(R)の資格を取得後、さらに「認定プロカウンセラー」になれるかもしれません。
これは、多方面で心理学の発展・社会貢献をしている方に対し、学会理事会にて審査されるものですが、努力の先に認められることは嬉しいことですよね。
ほかに、メンタルケア心理士(R)やメンタルケア心理専門士(R)の養成講師を目指す道もあります。
夢が広がりますね。

 

メンタルケア心理士取得後の主な勤務先
メンタルケア心理士の資格を取得すると、いろいろなところで役立つものです。勤務先でも当然役立ってくるでしょう。メンタルケア心理士の資格取得後の主な勤務先としては、医療や福祉、教育の現場などが挙げられます。
医療現場というのは命を左右する場所になりますので、思っている以上のプレッシャーがかかってくるものです。責任も当然重くなってきますし、いろいろなタイプの患者さんを相手にすることになりますのでその中でメンタルが参ってしまうこともあるでしょう。そういったときに、メンタルケア心理士が役立ってくるのです。
福祉の現場も同じです。福祉の現場というのは、当然医療とも関係してきますし、何よりも常に誰かを支え助ける仕事になりますので、精神的な負担も肉体的な負担も大きくなってきます。職場環境に恵まれていないところも少なくありませんし、そういった中で精神を病んでしまう方も多いものです。そういった中にメンタルケア心理士がひとりでもいると、職場環境というのはぐっとよくなっていくものです。
そして、教育現場です。子ども同士のいじめ、モンスターペアレントなどさまざまな問題を抱えている教育現場ですが、どれも心の問題が関係しています。こういった状況を改善するためにも、こういった状況の中で心を病んでしまった職員のためにも、メンタルケア心理士が必要とされるのです。

 

 企業内での相談室
企業内での人間関係に悩まされている方というのは本当に多いものです。そういった悩みから心を病んでしまい、仕事を辞めてしまうという方も少なくありません。そういったことを防ぐために、最近では企業内に相談室を設けているところも見られるようになりました。メンタルケア心理士は、こういった企業内に設けられた相談室でも求められる存在になるでしょう。
もちろん、メンタルのケアに特化した働き方だけではなく、事務員とカウンセラーを兼ねるといった二足の草鞋のような形で働くこともできるでしょう。ただ、やはりメンタルケア心理士の資格を取得していると、メンタル面でのケアの仕事を多く任されるようになるでしょうし、そういった働きを期待されることが多くなってくるのではないでしょうか。メンタルケア心理士の資格というのは、仕事の可能性を広げてくれる資格でもあります。これまでとは違った働き方というものを実現させてくれるのではないでしょうか。

 

メンタルケア心理専門士の難易度は?
メンタルケア心理専門士の難易度は、5段階で2となっていますので、それほど難しくはないでしょう。
メンタル系の資格の中では最上級の資格となります。
試験内容は学科が50問、実技が50問となっており、合格基準は学科が70パーセント以上、実技はAからEランクのうち、AからCランクが合格となります。
医師ではなく臨床心理士とも違い、話を聞くだけのカウンセラーとも違うのが、メンタルケア心理専門士です。
心理相談所などを訪れる人の話を聞き、心理的療法をアドバイスする事ができます。
メンタルケア心理専門士の資格を取得していると、心理カウンセラー臨床心理学心理士メンタル研究者、科学者などを目指す事もできます。
メンタル系の資格では最上級資格となりますので、社会的信用も得られやすく、他の資格を取得すればスキルアップやステップアップも可能です。
メンタルケア心理専門士の試験を受けるには、メンタルケア心理士の資格が必要です。
他には臨床心理士、心理隣接研究の専攻科修士などがあれば受験資格を得られます。
もうひとつの手段として、通信講座で学び資格を取得すると言う方法もあります。
通信講座で学べれば、働きながら資格を取得する事もできますし、メンタルケア心理専門士として仕事をする事もできます。

 

メンタルケア心理士の資格を取得して開業することは可能か?
メンタルケア心理士の開業は可能でしょうか?ということですが、メンタルケア心理士の資格を取得して開業することは可能です。実際に、メンタルケア心理士の資格を取得した後、そう時間をおかずに独立開業する方もいます。先に独立開業の準備をしっかりしておいてから、メンタルケア心理士の資格取得を目指すという方もいるようです。
心理カウンセラーになることを目指してメンタルケア心理士の資格を取得している方も多いかと思いますが、洋画などで見かける心理カウンセラーというのはそのほとんどが独立開業しているものです。自宅の一室をカウンセリングルームにしているということもありますし、自宅とは別にきちんと場所を借りてカウンセリングルームを設けているということもあります。言ってしまえば、心理カウンセラーとして働いている方の中には独立開業している方も多いのです。
もともと、心理カウンセラーとしての独立開業というのはしやすい傾向にあります。というのも、心理カウンセラーとして開業するための初期費用というのはほとんど必要ないのです。これが飲食店や雑貨屋さんであれば、また事情も大きく異なってきます。飲食店であれば専用の機材を用意しなければいけないかもしれませんし、そのために何百万円というお金をかけることになるかもしれません。雑貨屋さんでもお店で取り扱う商品の仕入れなどがあります。毎月の仕入れにはたくさんのお金が必要になるでしょう。心理カウンセラーの場合には、極端な話、一室とテーブルとイスさえあればそれで開業できてしまうのです。
メンタルケア心理士の資格を取得した後に心理カウンセラーとして開業をするのであれば、一室とテーブルとイスを用意し、そこで実際にカウンセリングをしていくだけなのです。もちろん、一室を借りるのであれば賃料も必要になりますし、書類などを用意するのにも多少はお金がかかるでしょう。しかしながら、飲食店や雑貨屋さんとしての開業を考えれば、はるかに少ない初期費用で開業ができるのです。
また、メンタルケア心理士を取得するのにオススメの理由として、メンタルケア心理士に必要な知識を網羅した協力な講師たちがバックアップしてくれます。

 

メンタルケア心理士の口コミについて
メンタルケア心理士というのは、厚生労働省に認定されている資格なので、履歴書に書いても恥ずかしくない資格です。本人のがんばりしだいにはなりますが、カウンセラーとして開業している人もいるみたいです。

 

また、乱立している心理カウンセラー関係の資格の中では、比較的ポピュラーな方だと思います。この資格を使って直接的に就職が有利になるとか、カウンセラーとしてすぐ生計を立てられるというような資格ではないですが、企業においてもメンタルケアの問題は昨今重要視されてますし、自分自身の心の健康ということを考えても、持っておいて損はない資格だと思います。

 

在宅の試験ではありますが、合格率は40パーセントを切る資格なので、難しい部類の資格に入ると思います。受験資格を見ても、指定講座修了者以外は、認定心理士や産業カウンセラーの資格を保有している人など、かなりハードルの高い受験資格が設定されています。なので、簡単に、お手軽に、という考えだと苦労するかもしれません。
ヒューマンアカデミーのメンタルケア心理士講座を修了すると受験資格が与えられます。講座の費用は5万円ほど、標準学習期間は4ヶ月ほどです。社会的信頼性の高い資格をこの程度の費用と期間で目指せるのであれば、個人的にお得だなと感じますがいかがでしょうか?

 

 

心理カウンセラーに向いている人

○過去につらい経験をしている人
生きていれば、人間は誰でもつらい経験をするものです。しかしながら、つらい経験といっても誰もが経験するようなものと滅多に経験することのないような経験があります。このどちらをも経験している方であればあるほど、心理カウンセラーに向いているといえるでしょう。

 

というのも、心理カウンセラーにとっては共感というものが重要なポイントになってきます。上から目線の同情ではなく、同じ視線での共感だからこそ人の心を救うことができるのです。過去につらい経験をしている方であればあるほど、自然な形で共感することができます。逆に言えば、過去につらい経験をしていないと相手の気持ちに共感するのが難しくなるのです。

 

理想は苦しんでいる方と同じ経験をしていることですが、まったく同じ経験をしているケースというのはほとんどありません。しかしながら、過去につらい経験をしている方であれば、自分の経験の中から苦しんでいる方の経験に近いものを引き出すことができますし、そこから想像力を働かせることによって共感していくことができます。経験というのは、心理カウンセラーにとっては財産のようなものなのです。

 

○謙虚な人
心理カウンセラーにもいろいろな方がいますが、謙虚さをなくした心理カウンセラーというのは相手を追い詰めてしまいます。心に問題を抱えているからこそ心理カウンセラーを頼ってきているのに、謙虚さを失った傲慢な心理カウンセラーにあたってしまうと心の状態というのはどんどん悪化していきます。本気で人を救いたいと思っているのであれば、謙虚さというのは今もこれからも必要になります。

 

また、心理カウンセラーには勉強というものが欠かせません。人の心に関する研究は日々おこなわれていますし、それまでは心の問題だと考えられていたものが実は脳の問題だったということもあります。こういった情報に対しては常にアンテナを張っておく必要があります。

 

自信を持つことは大切ですが、そこで満足してしまうと心理カウンセラーとしての成長が止まってしまいます。「自分はまだまだだ」という謙虚さを持つことによって、それが向上心へとつながってきますし、それによってより多くの方を救うことができるのです。ありとあらゆる面において、謙虚さというのは必要なことです。謙虚な姿勢だからこそ、心に問題を抱えている方も安心していられるのです。

心理カウンセラーになるために必要な資格

○心理カウンセラーになるためにはメンタルケア心理士の資格を
心理カウンセラーになるために必要な資格ということであれば、メンタルケア心理士の資格が挙げられます。もともと心理カウンセラーを名乗るためには資格というのは必要ないのですが、心理カウンセラーには知識やスキル、そして信用が求められます。そういったものを満たしてくれるのがメンタルケア心理士の資格なのです。

 

人の心に働きかける心理カウンセラーには、やはり専門的な知識とスキルが必要になります。独学で身につけられなくもないのですが、やはり独学となると偏りが出てきます。しかしながら、資格を取得するために勉強をするとなるとバランスよく知識やスキルを身につけていくことができるのです。

 

それに、メンタルケア心理士の資格というのは、知名度も高いですし、実際に「心理カウンセラーになるなら最低限、メンタルケア心理士の資格は取得しておきたい」とも言われるようになっているのです。心理カウンセラーを目指すのであれば、最初に目指していくべき資格といえるのではないでしょうか。

 

○メンタルケア心理士以外の資格は極端
メンタルケア心理士以外にも心理系の資格というのは確かにあるのですが、心理カウンセラーを目指すために取得するとなると微妙なものが多いのです。心理系の資格の中でも最高峰とされているのが臨床心理士の資格なのですが、これは資格を取得するまでに莫大なお金と時間がかかります。心理カウンセラーと名乗るのがいつになるかわかったものではありません。

 

だからといって、臨床心理士以外の民間の資格で心理カウンセラーを目指すとなると内容的に不安が残ります。心理カウンセラーとしてはまだまだ足りない部分がある状態で資格が取得できてしまうものもありますし、資格そのものにあまり重みがないというものもあるのです。

 

基本的に心理系の資格というのは、氾濫状態にあります。そして、難しいものは極端に難しく、簡単なものは極端に簡単という両極端な傾向も見受けられます。そういった中でほどほどの期間勉強をしてきちんとした知識やスキルが身につけられるメンタルケア心理士の資格というのは、とても貴重な存在なのです。心理系の資格の中でもメンタルケア心理士の資格が一目置かれているのは、まさにそういうわけなのです。だからこそ、心理カウンセラーになるためにはメンタルケア心理士の資格が必要なのです。

分野別心理カウンセラー

○さまざまな分野で活躍する心理カウンセラー
心理カウンセラーというのは、さまざまな分野で活躍しています。生活や教育の分野であれば、子どもの引きこもりや不登校などのケアをしていくことになります。もちろん、子育てに悩んでいる親御さんの心理カウンセリングをすることもありますし、場合によっては学校の先生の心理カウンセリングをすることもあるでしょう。

 

これが産業分野になってくると、企業で働いている方のために心理カウンセリングをおこなっていくことになります。場合によっては、上の立場に立つ方の心理カウンセリングをおこなっていくこともあります。心理カウンセリングだけではなく、指導という形でアプローチをおこなっていくこともあります。

 

あとは、医療や福祉、地域の分野での心理カウンセリングもあります。医療機関や施設などで心理カウンセラーとして働いていくことになります。特に、医療や福祉の現場というのは思っている以上にストレスがかかりますので、心理カウンセリングは必須と考えていいでしょう。

 

○アプローチによる違い
心理カウンセラーはさまざまな分野で活動しています。しかしながら、そのアプローチの仕方というのはいろいろです。例えば、本人の考え方を変えることによって、物事の受け取り方を変えていくというアプローチの仕方もできます。考え方にクセのあった方であれば、それを心理カウンセリングの中で改善していくことができますので、より生きやすくなっていきます。

 

また、すでに心に問題を抱えている状態の方を心理カウンセリングする場合には、その状態を改善していくようにアプローチしていくことになります。具体的には心理カウンセリングで、心のしがらみというものをひとつひとつほぐしていくのです。一般的に考えられている心理カウンセリングというのは、このタイプです。症状を改善するための心理カウンセリングといえるでしょう。

 

そして、ストレスとの向き合い方を考えるという形での心理カウンセリングもあります。だいたい人間の心の問題というのは何かしらのストレスが原因となっていますので、そのストレスとの向き合い方を根本的に心理カウンセリングを通して見直していくのです。人間が生きていく上でストレスというのは避けようのないものです。だからこそ、そのストレスやストレスの受け止め方というものをどうコントロールしていくかが重要になってくるのです。

公的学会認定資格が得られる

○公的学会認定資格という信頼
メンタルケア心理士の資格というのは、公的学会認定資格になります。その名前の通り、公的な学会から認定してもらった資格ということになります。資格において、どこから認定してもらったかというのはとても重要なポイントになります。メンタルケア心理士の資格を取得すれば、「公的学会認定資格を取得しています」と胸を張って伝えることができるのです。

 

公的学会認定資格というものをこれまで見聞きしたことのない方であっても、何となくこれがすごい資格であることはお分かりになるでしょう。実際に、公的学会認定資格であるメンタルケア心理士の資格を取得すると、それだけで信頼というものを得られるのです。

 

メンタルケア心理士の資格を取得している方のほとんどが心理カウンセラーを目指していることかと思いますが、心理カウンセラーにおいて信頼というのは本当に大切なものです。信頼がないと効果的な心理カウンセリングもできませんし、そもそも心理カウンセリングを受けたいという方も集まってきません。心理カウンセラーにとっては、死活問題なのです。メンタルケア心理士の資格であれば、信頼の面でもバッチリです。

 

○民間の資格は認定を受けていないものも多い
心理カウンセラーという仕事が注目されるようになり、心理カウンセラーを目指す方も多くなりました。その高まった需要を逃すまいと、民間の心理系の資格もどんどん出てくるようになりました。心理系の資格においては、まさに玉石混交の状態で、中には本当にほとんど意味をなさないような資格もあります。

 

メンタルケア心理士の資格も民間の資格のひとつではありますが、先でもお話ししましたように公的学会認定資格です。きちんと認定を受けている資格になります。しかしながら、民間の心理系の資格の中には、どこからも認定を受けていないような名ばかりの資格も存在するのです。

 

そういう資格を取得しても、信頼というのはなかなか得られません。お金をかけて資格を取得して、本当にそれで終わりになってしまうケースが多いのです。心理カウンセラーとして今後活躍していきたいと思っているのであれば、信頼が得られる資格というものを取得していかなければいけません。メンタルケア心理士の資格であればお金も時間もそこまでかけることなく、心理カウンセラーとして信頼の得られる公的学会認定資格を取得することができるのです。

メンタルケア学術学会が資格取得後もバックアップしてくれる

○メンタルケア学術学会によるバックアップ
「メンタルケア心理士の資格を取得した後はどうしたらいいんだろう・・・」と不安を抱えている方もいるかもしれません。しかしながら、不安になる必要はありません。というのも、メンタルケア心理士の資格を取得した後にはメンタルケア学術学会がバックアップをしてくれるのです。メンタルケア学術学会に関わることができるというだけでもすごいことなのですが、そのメンタルケア学術学会にバックアップしてもらえるのは本当に誇らしいことです。

 

もちろん、バックアップしてもらえるから心理カウンセラーとして一生安泰というわけではありません。あくまでもサポートをしてくれるだけになりますので、その後どのような形で活動をしていくかは自分次第です。しかしながら、自分ひとりの孤独な戦いとバックアップのある戦いというのはやはり違ってきます。

 

何かあったときに頼れる存在が控えているというのは、本当に心強いものです。心理カウンセラーとして活動していくにあたって、不安のない方というのはまずいません。資格取得後だからこその不安を抱えている方にとっては、このバックアップというのは本当にありがたいものなのです。

 

○バックアップが期待できる資格はそう多くない
心理系の資格にもいろいろなものがありますが、資格を取得した時点で終了となるものが多い傾向にあります。実際に、サポートしますという謳い文句で受講をさせておいて、資格を取得したら「あとは自分で頑張ってもらわないと・・・」と突き放すようなところもあるのです。

 

そういった資格を取得して、活かしていくというのは難しいことです。そもそもどうしていいのかわからないからこそサポートをお願いしたいのに、その後どのように動いていけばいいのか自分で明確な答えを出せるわけがないのです。

 

しかしながら、メンタルケア心理士の資格であれば先でもお話ししましたようにメンタルケア学術学会からのバックアップが期待できます。メンタルケア心理士の資格を取得して終わりではなく、そこからが本当の意味でのスタートになるのです。お金と時間をかけた資格も十分に活かしていくことができるでしょうし、心理カウンセラーとして活躍していける可能性というのも高まっていくでしょう。せっかく資格を取得するのであれば、バックアップの期待できるメンタルケア心理士にしましょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。


【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。


【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。


【無料】資料請求はこちら